いつか墓誌になるもの

本来墓誌とはそのお墓に誰が埋まっているかとか戒名やらなんやらを書いておくものですが。いつかデジタル墓標として残るであろうこのサイト。墓誌と称して日記を綴るのもまた一興なのでは、と思うなどいたしまして。

スポンサーリンク

ライフワークとして

この記事を書いている時点で齢39。いつまで健康で、いつまで生きていられるかは定かでは無いのですが。生きていれば何かを思うこともある。憤る事もあれば歓喜に震えることもあるでしょう。そんな思いを綴っていければと思う今日このごろであります。

毎日でなくとも良い、長い記事でなくとも良い、面白いと思われなくとも良い。思いの丈を文章にするという行為。これを機に始め、続けていきたいと思います。

思考を世に放つという行為

実は気持ちのいいものです。ただ、誰かにぶつけることとは明確に分けて考えたいところ。SNS全盛のこのご時世、気軽に不平不満を誰かにぶつけることができる時代です。検討違いのクレームや罵詈雑言・誹謗中傷など何でもあり。ネガティブな感情を他人にぶつけると言うのは良識のある大人のすることではない(子供だとしても当然よろしくない)という理解ですが、自身の思考を自身のプラットフォームに公開するというのならばある程度の良識の範囲においてご容赦願いたい。

ブログ環境

話は変わりましてこのブログは以下の環境で運営しています。

レンタルサーバXSERVER
CMSWordPress
WordPressテーマCocoon

どれも素晴らしいサービス・プロダクトですね。末永くお世話になりたいと思っております。特にCocoonというテーマは無料にも関わらず高機能であり、余計なプラグインを入れずとも様々なことを実現できますし、デザインもシンプルで私好みです。

おわりに

文章ばかりで味気ないブログになるとは思いますが、気楽に・気長に続けていきたく思っております。これから生み出される記事を興味深いと思っていただけるどなたかががいらっしゃれば幸いです、というところでしょうか。

コメント